プライバシーポリシー

個人情報保護方針について

一般社団法人日本ヘルシーフード協会では、「正しい食の知識でひとりひとりの健康をつくる」の理念を基に、食や健康の正しい知識でより豊かで健康的なライフスタイルづくりのサポート、ヘルスフードカウンセラーを育成し、情報発信をいたします。

教育事業並びに資格認定業務はお客様からの情報開示と厳正な情報管理があってこそ成り立つものであります。こうした専門家を養成する立場からも、日本ヘルシーフード協会では、個人情報の取り扱いを適切に行うことが社会的責務の第一であると考え、次のとおり個人情報保護方針を定め、これを遵守し、個人情報の保護に万全を尽くしています。

1.法令等の遵守

法令および行政機関が定めた方針・ガイドライン等を遵守します。

2.管理体制の確立

社内における管理体制を責任分担を明確にします。

3.社内方針・規定・ガイドライン等の遵守

社内方針・社内規定・ガイドライン等を策定し、それを遵守します。

4.個人情報の収集

会員から個人情報を収集する場合には、利用目的を明示しご承諾をいただいたうえで、その目的達成に必要範囲で収集させていただきます。

5.個人情報の利用

会員の個人情報を利用するにあたっては、利用目的の範囲内でのみ利用することとし、その目的の範囲を超えた利用はいたしません。

6.安全対策の実施

安全対策を実施し、情報への不正アクセス、情報の紛失・破壊・改ざんおよび漏洩等に対する予防措置を講じます。

7.教育・啓蒙活動の実施

社員に対する教育・啓蒙活動を推進し、情報管理に対する知識習得と意識向上を目指すとともに、情報が適正に管理されるよう周知徹底を図ります。

8.業務委託先との連携

情報管理に関する業務を他社に委託する場合には、十分な経験・能力を有する者を選定するとともに、契約にあたって守秘義務に関する事項等を規定し、情報が適正に管理されることを担保します。

9.業務改善への取り組み

情報が適正に管理されているのか定期的にチェックし、継続的に業務改善への取り組みを実施します。

10.事故発生時の対策

万一、事故が発生した場合には、被害を最小限に留めるとともに、速やかに必要な情報を公開し、再発防止策を含む、適切な対策を講じます。

11.相談窓口の明確化

会員からの問い合わせ、苦情や要望に対応するための相談窓口を定め、誠意をもって迅速に対応します。